Center business
トピックス
HOME > センター主催事業 > リーディング劇「ファミリアー」
演劇
リーディング劇「ファミリアー」
犬は好きですか?
犬を飼ったことはありますか?
それでは捨てられたり
迷子になったりした犬たちが
どのような運命をたどるのか、
考えたことはありますか?
あらすじ

 おばあちゃんに飼われていた犬の“もなか”(3歳)は、ある雨の日、知らないおじさんに連れられて、灰色の建物にやってきます。建物の中は5つの部屋にわかれていて、もなかの隣の部屋には“ジョン”(5歳)、その隣の隣の部屋には“ひいらぎさん”(7歳)がいました。新人獣医の山本さんは、動物園に就職したくて市役所の試験を受けました。彼が最初に配属されたのは動物愛護センターでした。


『ファミリアー』について

 『ファミリアー』は、保健所や動物愛護センターに保護された犬たちを追った写真シリーズ『ただのいぬ。』(撮影:服部たかやす)を原案としたリーディング劇です。この作品では1冊の本を3人の俳優が声色豊かに、表情や動きも加えて読み聞かせるスタイルをとっています。
 かつて、保護された犬たちは9割が殺処分という悲しい運命をたどっていました。しかし、2012年に「動物の愛護及び管理に関する法律」が改正され、動物たちを最後まで責任を持って飼うこと(終生飼養)が目標として掲げられ、自治体は必ずしも犬や猫を引き取らなくてもよくなりました。その後も法律の改正は少しずつ進んでいます。
 ここに至るまでは、センターなどの現場で働く人々や動物愛護の活動をおこなうNPOの皆さんのがんばりがありました。
 『ファミリアー』では、動物愛護の現場で奮闘する人々の姿、そして動物たちの生きる姿を描きながら、命と向き合うことを考えます。


キャスト・スタッフ

作・演出 瀬戸山美咲

出演 占部房子 西尾友樹 大原研二

原案 服部たかやす

照明 上川真由美

音響 泉田雄太

舞台進行 内田直美 泰中彰子 茂木萌花

デザイン・印刷 中榮康雄(+α)吉岡康夫(株式会社櫻井印刷所)

企画・制作 東松山市民文化センター

事業アドバイザー 石田義明


日時

令和3年10月2日(土)
第1回 11:00開演
第2回 15:00開演

※開場は各30分前
※上演時間は約40分

※各回終演後、瀬戸山美咲さん、服部たかやすさん、埼玉県保健医療部の職員(獣医師)によるトークイベントを開催いたします。(時間:約30分)


場所

東松山市民文化センター ホール


チケット発売日

令和3年8月9日(月・振休)
10:00~(窓口)
13:00~(電話)0493-24-2011


料金

500円(税込)
※全席指定
※高校生以下無料(但しチケットが必要。窓口にて学生証をご提示ください。)


備考

イベント内容は変更になる場合がございます。ご了承ください。


主催

公益社団法人日本芸能実演家団体協議会
さいたまアート・フェスタ2021実行委員会
公益財団法人東松山文化まちづくり公社


後援

東松山市 東松山市教育委員会


特別協力

埼玉県保健医療部
服部たかやす


PDFダウンロード

■チラシダウンロード



↑