Center business
トピックス
HOME > センター主催事業 > クロスプレイ東松山 白神ももこ『どこ吹く風のあなた、ここに吹く風のまにまに』 楽らく公演
ダンス
クロスプレイ東松山 白神ももこ『どこ吹く風のあなた、ここに吹く風のまにまに』 楽らく公演

本年度スタートしたプロジェクト「クロスプレイ東松山」。2022年度のアソシエイトアーティストである白神ももこ(振付家・演出家・ダンサー)による『どこ吹く風のあなた、ここに吹く風のまにまに』を開催します。白神は、高齢者福祉施設「デイサービス楽らく」に滞在し、利用者やスタッフ一人ひとりとの交流を重ねてきました。高齢者福祉施設という場所にある時間は、施設で過ごす人にとっては日常であり、訪れる人にとっては非日常的なものと捉えられるかもしれません。しかし、そこにあるのは、誰にとってもただの一時であることに変わりはなく、流れる時間を漂うように、それぞれの身体が置かれ、緩やかに交差します。アーティスト・イン・レジデンスの新たな形から生まれた作品を高齢者福祉施設「デイサービス楽らく」、東松山市民文化センターの2会場で上演します。
■白神さんからのコメント(振付・演出)

  一つの舞台の興行等が終わる日を『楽日』と言うけれど、
  それはどうせ終わるのなら楽しく終わろうという願いか
  らなのだろうか?
  デイサービス楽らくの日々は、毎日が「始まって終わる」。
  支える人々の軽やかな足取りの中にはいつも疾風が吹いて
  いて、ここに訪れる人々の日々重くなっていく身体のすき
  間や頭上にはいつもやわらかくふんわりと風がそよいでい
  て、それはそれは気まぐれで軽やかだ。


■開催日

  2023年1月15日[日]15:00開演
  (14:30受付・開場)

  ※東松山市民文化センター公演(1月22日)詳細
   https://theater.pac.or.jp/center_detail.php?id=170&t=p



■開催場所

  デイサービス楽らく
  
  〒355-0076 埼玉県東松山市下唐子1574‐1
   ・東武東上線、森林公園駅南口下車徒歩30分
   ・タクシーは主に北口より発着しますので、ご利用
    の方は北口よりご乗車ください。


■チケットについて

  発売日 2023年11月26日[土] 
  ※窓口・電話 10:00~ 
  一般:1,500円
  18歳以下:500円
  ※全席自由、税込
  ※事前予約制
  ※楽らく公演2023年1月15[日]は当日券の販売は予定
   しておりません。


■お問い合わせ

  東松山市民文化センター
  電話:0493-24-2011(8:30~17:15)
  FAX:0493-24-2012
  HP:https://theater.pac.or.jp 
  ※車椅子席のご希望、その他、鑑賞にあたり、配慮が必要な
   ことがありましたら事前に東松山文化センターまでご連絡
   ください。
  
  ★1/22[日]文化センター公演はこちらからもご購入いた
   だけます
   Peatix: https://clossplay-shiraga.peatix.com


■スタッフ

  *振付・演出・出演:白神ももこ

  白神ももこ(振付家、演出家、ダンサー)
  身近な日々のささいなできごとや願望などから着想を得た
  ダンスを用いた作品創作を続けているダンス・パフォー
  マンス的グループ「モモンガ・コンプレックス」を主宰。
  全作品の構成・振付・演出を担当している。2020年、
  フェイスティバル/トーキョー20にてコロナ禍での作品
  としてミュージカル的ダンス・パフォーマンス『わたした
  ちは、そろっている。』を上演。四国学院大学、桜美林大学
  非常勤講師。
  2017~2018年度セゾン文化財団ジュニアフェロー。
  現在、埼玉県富士見市民文化会館キラリふじみにて芸術監督
  を務めている。

  *美術:二藤建人
  *照明:内田直美(株式会社ジャパンステージアート)
  *音響:泰中彰子(株式会社ジャパンステージアート)
  *舞台部:前田淳 舞台監督:原口佳子
  *宣伝美術:ヤング荘
  *企画・プロデュース:藤原顕太(bench)、
   武田奈都子(保順会/デイサービス楽らく)
  *制作:金森千紘(infans.)、
   鈴木和幸・中山智恵((公財)東松山文化まちづくり公社)
  *統括:武田知也(bench)


■クロスプレイ東松山とは

  埼玉県東松山市唐子地区にある高齢者福祉施設「デイサー
  ビス楽らく」にアーティストが滞在・宿泊し、ワークショ
  ップや作品制作を通して、利用者や職員と文化的な交流を
  はかるプロジェクトです。ケアの現場にアーティストが滞在
  することにより、同じ場所にいる利用者や介護職員の時と、
  アーティストの時間が交わることを想定しています。例えば
  利用者の空き時間にアーティストがリサーチをしたり、アー
  ティストのクリエーションを利用者が見学するなど、アー
  ティストが施設で「すごす」ことを大事にすることで、双方
  向の対等なコミュニケーションが偶然生まれる場づくりに取
  り組んでいます。

  HP:https://note.com/crossplay



主催等

  主催:公益財団法人 日本芸能実演家団体協議会
     さいたまアート・フェスタ実行委員会
     公益財団法人 東松山文化まちづくり公社
     医療法人社団 保順会
     一般社団法人ベンチ
  助成:文化庁 統括団体によるアートキャラバン事業
     (コロナ禍からの文化芸術活動の再興支援事業)
     「JAPAN LIVE YELL project」
     



↑