Center business
トピックス
HOME > センター主催事業 > ~平成家族物語~舞台芸術によるまちづくりプロジェクト 第3弾 音楽劇『枇杷の家』
演劇
~平成家族物語~舞台芸術によるまちづくりプロジェクト

第3弾 音楽劇『枇杷の家』
■公演概要

平成30年4月、埼玉県東松山市の小さな文化財団が、彩の国さいたま芸術劇場の協力のもと~平成家族物語~舞台芸術によるまちづくりプロジェクトをスタートさせました。
 ​3か年(1年目は戯曲募集と朗読劇、2年目は演劇、3年目は音楽劇)にも及ぶ大事業。
 初年度、東松山戯曲賞として全国から戯曲募集を行った結果、43作品の応募がありました。優秀作品に選ばれた『枇杷の家』は、シェアハウスで暮らす3人の女性のくっちゃべりと1人の男性が巻き起こす、新しい家族のドラマ。
 作者緑川有さんによるこの戯曲は、第26・27・28回読売演劇大賞優秀演出家賞を受賞された瀬戸山美咲さんの演出による朗読劇として、平成31年3月、市民キャストとともに上演し、好評を博しました。
 年号も平成から令和へと変わり、『枇杷の家』は、演劇作品へと生まれ変わりました。 残念ながら新型コロナウイルス感染拡大防止のため、 令和2年3月無観客での上演となりましたが、4名のキャスト、そして多くのスタッフ、市民ボランティアに支えられた素晴らしい作品となりました。
 そして最終年度、『枇杷の家』は音楽劇としてシリーズファイナルを迎えます。
風子、薫、月子のアラ還女性3名、そして自称67歳の銀次郎に加え、バンドとダンサーズが音楽劇を盛り上げます!どうぞご期待ください!!


■あらすじ

 風子(未亡人)は、異常にポジティブである。そのうえ、妄想癖までありそうだ。薫(独身。 会社員だったが今は無職)は、やや斜にかまえた毒舌家。月子(独身。フリーランスのライター)は、恋に無縁だと悩みつつ常に冷静なタイプである。そんな三人が、庭に大きな枇杷の木がある一軒家を借り、シェアハウスとして暮らし始めて3年目を迎えている。
 リビングでは、何かと理由をつけて宴会が始まる。酔いがまわると、三人のディープな本音が怒濤のごとく飛び交い絡み合う。アラ還の大人の女だからといって、古くからの友人だからといって、優しいわけでも、思いやり豊かなわけでもない。言いたい放題、むしろ、わがままである。言葉のバトルとささやかな癒しが交差する三人の日常である。
 そんな中、薫はどうやらお付き合いを始めた男性がいるようだ。と、同時に風子にもそんな男性の存在が明らかになる。風子と薫がそれぞれ月子に語った〝すらりと姿の良い素敵なおじさま〟は、ビジュアルだけではなく、天才的な褒め言葉までそっくりだ。月子だけが知ってしまった危険な関係は、ある日、枇杷の家でドラマチックな結末に向かう。


■公演日

2022 年3 月20 日(日)・21 日(月・祝)
※両日とも14 : 00開演 (13 : 30開場)


■公演場所

東松山市民文化センターホール 

〒355-0024 東松山市六軒町5-2


■チケット発売

・メンバーズ先行  2022年1月8日(土)~

・一般発売     2022年1月15日(土)~


■チケット料金

【全席指定・税込】

 一般 3,000円   

 メンバーズ会員  2,500円

 高校生以下  1,000円(※未就学児は入場不可)


■チケット取扱

東松山市民文化センター 窓口・電話(8:30~17:15)

東松山市六軒町5-2

電話 0493-24-2011

FAX 0493-24-2012

mail theater@pac.or.jp

※発売初日のみ 窓口 10:00~ / 電話 13:00~
※メンバーズ価格でのご提供はおひとり様2枚まで


■出演・バンド

出演
 齋藤 定子(椿風子役)
 川俣しのぶ(柳原薫役)
 佐藤静子(牧野月子役)
 本井博之(徳永銀次郎役) 



演奏
 辺見 優司
 越坂部 智彦
 井上 優


■スタッフ

作:緑川 有
演出:瀬戸山 美咲
音楽監督:田中 馨
振付:伊藤 千枝子​
美術:原田愛
照明:岩品武顕
音響:金子伸也
衣裳:紅林美帆
演出助手:村田千尋
舞台監督:大畑豪次郎
舞台技術協力:公益財団法人埼玉県芸術文化振興財団劇場部 株式会社ジャパンステージアート 有限会社エープロジェクト
制作助手:中谷梢
制作補:岩崎達也(東松山市民文化センター)
票券・宣伝:中山智恵(東松山市民文化センター)
制作チーフ:鈴木和幸(東松山市民文化センター)
音楽劇『枇杷の家』プロデューサー:比島順(東松山市民文化センター館長)
事業コーディネーター 渡辺弘(公益財団法人埼玉県芸術文化振興財団理事兼事業部長)
平成家族物語総合プロデューサー 石田義明


■協力

彩の国さいたま芸術劇場


■助成

一般財団法人地域創造・文化庁


■後援

埼玉県 埼玉県教育委員会 東松山市 公益財団法人埼玉県芸術文化振興財団 朝日新聞さいたま総局 FMNACK5 共同通信社さいたま支局 埼玉新聞社 産経新聞さいたま総局 時事通信社さいたま支局 テレ玉 東京新聞さいたま支局 日本経済新聞社さいたま支局 毎日新聞さいたま支局  読売新聞さいたま支局


■共催

東松山市教育委員会


■企画・制作

東松山市民文化センター


■主催

公益財団法人東松山文化まちづくり公社


■特設ホームページ


音楽劇『枇杷の家』特設ページへ



↑